子供に読み聞かせをする時は感情をこめて

いくら名作でもママがつまらなそうに読んでいたのでは、子供だってそのお話を好きになれるはずがありません。
読み聞かせる時には棒読みにならないように、時には驚き、時には悲しそうに感情をこめて読んであげましょう。
ラクビ LAKUBI 口コミと効果 腸内フローラ

絵本を読んでいる途中で子供が質問したり話し出したら、ちゃんと受け答えをしてあげましょう。
読んでいるところだからと、後回しにしないこと。
絵本の話が途中でそれても構いません。
子供の興味ある所に付き合うことが大切です。

また注意したいのは読み聞かせに多くのことを期待しないこと。
文字を覚えさせよう、物の名前を覚えさせようなどとは思わず、想像の世界を十分に楽しませてあげましょう。

本好きになって欲しいと思い、1歳の頃から寝る前に必ず絵本を読み聞かせてきました。
もうすぐ4歳ですが、今でもその習慣は続いていて、毎晩息子の方から「今日はこれだけいい?」と3~4冊の絵本を布団に持ち込んできます。
Agelu アゲール ナイトブラ 効果

子供に読み聞かせをする時は感情をこめて はコメントを受け付けていません。

Filed under 育児

Comments are closed.